営業時間 10:00~20:00【土日祝は18:00】

美容鍼灸コンディショニングサロン 美容鍼・骨盤矯正・妊活・猫背矯正

最近読んだある本に心を打たれたお話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
飯田 愛

 

 

 

これからお話するのは、私があるものをきっかけにして読んだ本に

 

見事心を打たれてしまった単なる個人的な感想に過ぎません。

 

それを皆さんはどう思うのかはさておき、長文ですがどうかお付き合いください。

 

※あくまでも個人の感想ですので、ご了承下さい。

 

 

 

「対症療法でカラダの不調は解決しない」

 

 

 

 

 

現代医学では、カラダに不調を感じたらまず病院へ行き

 

検査をして異常がみられたら主に薬を処方され、

 

大抵の軽い症状なら「様子を見てください」と言われると思います。

 

では、この「薬」と「様子をみて下さい」の処置だけで安心して病気や症状が治ると思いますか?

 

大抵の方は病院に行けば、病気が治る、症状が治ると思って通い詰めている現状の中、

 

2004年アメリカのゲーリー・ヌル博士の論文調査で、

 

風邪や生活習慣病等で医師の正しい薬の処方を受けた患者の死亡者数が78万3936人

 

心疾患で死亡する人は69万9697人

 

癌で死亡する人は55万3251人

 

 

 

病気で亡くなる人より、薬で亡くなる人の方が圧倒的に多いことがわかりました。

 

これは日本ではニュースになっておらず、初めて聞いた方が多いと思います。

 

日本では、世界でも上位で医療技術が進歩している反面、薬大国とも言われています。

 

 

 

診察に求めるのは話を否定せずに聞いてくれる医師

 

 

診察時、訴える症状を丁寧に聞いてくださり、原因はわからないけど薬を処方してくれる優しい医師。

 

「ちょっと強めの薬を出しておくので、また一週間後に来て下さいね」

 

症状が辛くて仕事にならないので「ちょっと強めの薬」は効いた!

 

でも効果が切れた途端、痛み倍増。

 

さらに強い薬が欲しくなる。

 

また一週間後にもらいに行かないと...

 

原因不明のまま、薬だけで治していくつもりなのでしょうか?

 

そして、仕事中にまた痛みが出てきて辛くなる...

 

さっきより痛みが強くなってきたので、用量以上の薬を飲む

 

こんなのをずっと続けていると

 

気分も落ち込むし、食欲もなくなりますよね。

 

さらには薬が効かない体質にも変わってきますね。

 

いつになっても治るわけがないのです。

 

 

一つの症状で、精神的・身体的・社会的にも影響を及ぼします。

 

それだけ身体にとっての異常は大きいのです。

 

ですが、どうして症状が起こっているのか原因を突き止めないと対処の仕方がわかりませんよね。

 

 

 

「痛み止めを飲んで放っておけばそのうち治る」の考え方

 

 

 

どうしてもやらなければいけない仕事があったり、休めない環境の職場なら薬でしのぐのは良いと思います。

 

なぜ、そのあとに原因を追究せず、いつまでも続いている症状をほったらかしにしているのか?

 

自分のカラダのことなのに、あまりにも無頓着すぎる人が多い気がします。

 

原因を見つける検査機器などは専門家が行わないとできませんので、病院に行って検査をして欲しいです。

 

決して病院に行くなと言っているわけではないですし、

 

薬を飲むなと言っているわけでもありません。

 

 

病院ではほとんどが対症療法

 

 

今では、風邪をひいたからと言ってすぐに病院に行く方もいますが...

 

ただ、今の西洋医学の現状では事故や怪我、命に関わる緊急な場合を除いて

 

ほぼ対症療法だということに気付かなければ

 

日本人は危ない薬漬けで健康的な未来はないということが言えます。

 

 

※対症療法とは?

 

 

 

例えば熱があれば冷やし,食欲不振には消化薬を用いるように,

 

症状を個々に軽減,消失させようとする試みから生まれた治療法。

 

病気の原因に対してではなく、その時の症状を軽減するために行われる治療法。

 

痛みに鎮痛剤を与えるなど根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること。

 

「対症療法では問題は解決しない」

 

 

と辞典に書いてありました。

 

  • 薬を飲んでも症状に効かない
  • 副作用が出て、生活に支障をきたしてしまう

 

などのような体質の人も中にはいます

 

これは逆に考えると、症状の辛さよりも薬がカラダを苦しめているように思えます。

 

わたしがそのタイプです。

 

頭痛薬を飲んでいるのに、薬の成分でお腹を下してしまう・・・なんてことも以前はありました。

 

薬はカラダにとっては異物なので、それをカラダが出そうとする痛みで

 

より痛みを強く感じてしまうケースがほとんどです。

 

 

それもそのはず

 

薬に含まれる成分がとんでもない添加物が多いからです。

 

ワクチンの成分の例を挙げて1つ1つ成分を調べていくと恐ろしい名前と成分ばかりです。

 

 

 

ワクチンは有害な添加物だらけ

 

 

 

私たちは感染症にかからないように、国からワクチン接種が推奨されています。

 

別名、予防接種とも呼んでいますね。

 

でもその予防接種、本当に効果があるのでしょうか?

 

私自身、子供の頃に受けた感染症の予防接種と

 

最後にワクチンをうけたのは16歳の時の子宮頚癌ワクチンです。

 

以前の私は、ワクチンを受けていれば、感染症にかからないものだと思っていたんです。

 

子宮頸癌の原因となるヒトパピローマウイルスは、本来何十種類ものウイルス型があり、

 

ワクチンで予防できるのは、たったの2種類と言われています。

 

以前、子宮頸癌ワクチンを受けた方で手の麻痺や歩行障害、記憶障害の副作用が出たことで取り上げられましたね。

 

本来はウイルスにかからないための予防接種なのになぜ、このような問題が出てきてしまうのでしょうか?

 

では、ワクチンの添加物を見てみましょう。

 

  • チロメサール(有機水銀)→水俣病の原因物質メチル水銀と同じ(保存剤)
  • ホルムアルデヒド→有害物質、二日酔いの症状を悩ませるアレです
  • アルミニウム→おにぎりなどを包んでいるアレです(抗原の安定剤)

 

これらの添加物がどのワクチンにも含まれてます。

 

では、水俣病の症状を見てみましょう

 

 

 

特定の神経に障害をもたらす

  • 手や足のしびれ
  • 触られた痛みや感覚などが感じにくくなる
  • まっすぐ歩くことができない
  • ボタンがかけられない
  • 日常生活がぎこちなく、介助が必要
  • 最悪な場合は死亡する

 

 

なんか副作用と似てませんか?

 

というよりも、このワクチン本来の作用とも捉えられます。

 

もちろん、会社の健康診断で受けているインフルエンザワクチンにも含まれています。

 

これを国が推奨しているのがコワいです。

 

何よりも、これを打てば絶対にかからないと思い込んでいた以前のわたし自身も恐ろしいです。

 

 

感想

 

 

 

なので、本のタイトルでは「薬に殺される」と表現している本もあります。

 

この本の著者が本当に言いたいことは、

 

病院に行き薬を飲むくらいなら、自分で予防をしなさいということです。

 

本文の中でも著者の口調が強く、厳しいイメージがありますが、

 

それだけ、本気で現代医療への思考を今の日本人に変えて欲しいから

 

このような表現になってしまうのだと私は感じました。

 

ご自身のことを「キチガイ医」と言っているのもそうです。

 

現段階で現役の医師が元々ある医療を否定している方なんていません。

 

でも、この方は現役医師でさらに、現代医療の裏側を私たちに暴露しています。

 

私は、インフルエンザワクチンの接種を受けたことがありません。

 

なのに、今まで感染したことがありません。

 

私の免疫が強いから(笑)などと言っていましたが、

 

この添加物がワクチンに入っていると思うと

 

やはり効かないのかなと思います。

 

ワクチンを打ってもかかる方はかかりますし、

 

そう考えるとインフルエンザも風邪と同じ感染症ですよね。

 

風邪の予防接種なんてないですし・・・

 

風邪には何百種類ものウイルス型があり、生きてればかかってしまうくらいの認識ですね。

 

でも、私はここ数年風邪を引いていません。

 

小さい頃はよく風邪を引き、病院で点滴をするほどでした。

 

今、風邪を引かなくなったのもきちんと食事で栄養を摂り、睡眠をしっかり取るようにしているからです。

 

これが、一番いい予防方法なのをもっと世間に広まるといいなと思っております。

 

私はこの本に出会えて本当によかったと思いました。

 

 

参考図書:新医学不要論 漫画版

著者:内海聡

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
飯田 愛