営業時間 10:00~20:00【土日祝は18:00】

美容鍼灸コンディショニングサロン 美容鍼・骨盤矯正・妊活・猫背矯正

美容と健康を意識する食事法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

 

私たちの1日の生活の中には、必ず「食」が入ってきます。

 

美容鍼のブログ記事で、健康と美容は切っても切れない関係とお話をしましたが、

 

美容鍼の本当の目的は

‘カラダの内側を整えて、外側を美しくすること’です

 

美容鍼だけで美しくなるのは不可能に近いです。

 

それは、私たちの普段の食べ物の影響が大きいからです。

 

詳しくみていきましょう~GOGO~~↓↓↓

 

 

 

私たちのカラダを作っているものは食べ物

 

 

人のカラダは、6兆個の細胞がくっついて皮膚などの器官や臓器を作っています。

 

これらの器官や臓器の栄養源はもちろん野菜や肉や油などの食物ですが

 

これらはどのようにして各々の器官や臓器に運ばれていると思いますか?

 

 

食事~消化までの流れ

 

 

食べ物を口に入れ、噛み砕きます。

 

ある程度の柔らかさになったら、嚥下し、食道を通り胃に向かいます。

 

胃で胃酸によって食べた物を約2時間かけてお粥状にし、小腸・十二指腸へと送ります。

 

小腸・十二指腸は主に消化を行う臓器です。

 

数時間かけて、お粥状にしたものを分解しタンパク質、脂質、糖、炭水化物、ビタミン群、ミネラル等に細かく分子レベルまで分解し、血液と共に肝臓に送られます。

 

小腸や十二指腸で食べ物の栄養を絞り取り、残った粕は大腸に運ばれ

 

カラダの不要な水分と一緒に糞便が形成されカラダの外に排出されます。

 

これがおおまかな流れですね。

 

では、つぎに栄養が全身に運ばれるまでの流れをご紹介します。

 

 

解毒~細胞(全身)へ行き渡るまでの流れ

 

 

分子レベルまで達した栄養は、血液と共に肝臓でさらに必要なもの不必要なものへと分けられます。

 

これが解毒です。

 

肝臓で解毒されない必要な栄養素は、心臓へ行き、血液と共に全身の細胞に巡ります。

大まかですが、食べ物が私たちのカラダになるまでの流れです。

 

 

最近の食材と添加物

 

 

最近は野菜も農薬を使用していることが多く、

 

スーパーに売っているお惣菜にも様々な添加物が入っていたり・・・

 

これらが含まれているものを摂取すると、肝臓が頑張らなければならないことに・・・

 

さらに、肝臓の容量がオーバーになってしまうと、ほとんど解毒されずに全身に巡り細胞へ蓄積されます。

 

これが、最悪の場合細胞を殺すことになります。

 

勿論、豆腐など添加物がないと作れないものがあります。

 

食材の選択、栄養バランスは一番気を付けるべきポイントになります。

 

 

添加物が及ぼす身体への害とは?

 

 

「添加物が悪い」と言われていますが、実際は何がそんなにいけないのか?

 

疑問に思う方もいると思います。

 

食品添加物一覧を参照

 

では、今現在分かっている添加物の危険性をみてみましょう

 

  • 発癌性
  • 染色体異常
  • 妊娠障害(不妊)
  • 腎障害・尿細管障害
  • 細胞変性(正常細胞→異常細胞への変異)
  • アレルギー体質
  • 急性毒
  • 精子減少・無精子症
  • 赤血球の減少
  • 消化臓器の障害
  • 心臓・脳の急性障害
  • 皮膚細胞の発育抑制
  • 皮膚炎
  • 骨形成異常
  • 肝臓肥大

http://w-21.net/dron/tenkabutu.htm より引用

 

 

ざっとみてもこれだけあります。

 

また、妊婦さんが摂取すると胎児に危険を及ぼす食品添加物もあります。

 

様々な食品に含まれ、簡単に調理できるようになりましたが、実際はカラダに及ぼす影響がブラックです。

 

今身体になにも起こっていなくても、これから先、あなたのカラダが病や原因不明のものに侵された場合

 

まず、疑うべきものは日々食べている物やあなたの好物に大量の添加物が含まれていたら

 

病院で薬づけになる前に、まずはそれをやめるべきだと思います。

 

また、現在は不妊症という言葉も表に出てくるようになりました。

 

今の50歳以降の方によるとご自身が妊娠・出産をするときは「不妊症」という言葉が無かったそうです。

 

時代が進むにつれて、今不妊で悩んでいるカップルは5組に1組。

 

さらに、女性だけでなく男性にも無精子症や精子が少ないという原因で

 

妊娠が難しく、悩んでいる方が多いです。

 

こういった現状の中、スーパーで売っている食品にも

 

妊娠障害や染色体異常の原因となる添加物が普通に含まれていて、それが普通に販売されていますね。

 

健康や美容だけでなく子供ができないなどの問題にも大きく影響しているので

 

やはり食事は見直すべきだと考えます。

 

 

 

添加物が美容に影響及ぼすわけ

 

 

 

添加物の危険性を見て頂いたと思いますが、添加物が蓄積されると正常な細胞を殺してしまいます。

 

人間の身体には、自浄作用がありカラダの汚れはカラダがキレイにしてくれる働きもありますが

 

それさえも衰えてしまいます。

 

さらに、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎を誘発する添加物もあり、

 

知らない間に大量摂取している場合もあります。

 

これらが細胞(体内)の老廃物と言われます。

 

これらをデトックスしなければいけません。

 

 

 

毒を排泄して、インナービューティーを目指しましょう

 

 

 

体内に溜まった毒は、便75%、尿20%、汗3%、爪1%、髪1%にて排泄されます。

 

便がほとんど体内の老廃物を排泄するので、便秘の方はニキビや肌荒れが起こりやすいですよね。

 

健康と美容は切っても切れない関係です。

 

見た目を美しくしたいのであれば、まずはインナービューティーを心がけましょう。

 

インナービューティーは体内のデトックスが大切です。

 

一番効率の良いデトックスがファスティングです。

 

必要最低限の栄養しか摂取しない方法です。

 

ファスティングの期間は3日程(準備食、回復食を含めると10日程)

 

いきなり断食したりするより、カラダに不要なものを取り入れない方がカラダにも優しいです。

 

やり方を間違えると失敗してしまうので、気を付けてくださいね♪

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター