youtube動画

おうちで簡単!美容鍼&幹細胞フェイスパック販売開始!

おうち美容鍼&幹細胞フェイスパック 販売開始

〜こんな時だからおうちでしっかりエイジングケア!〜

 

新型コロナの影響で外出を控える方が増えています。

当院では美容鍼に通われている方が多いのですが来院を控える方が増えています。

でも誰が悪いわけでもありません。仕方ないですね。

 

先日、利用いただいている方から「自宅でできるケアは何かないですか?」とご質問をいただいてこんなセットを販売することにしました。

その名も「おうちで簡単!美容鍼&幹細胞フェイスパック」

 

どんな鍼?

美容鍼は通常、毫鍼(ごうしん)という長い鍼を美容鍼に使うのですが、鍼を皮膚に入れるのは専門的な技術が必要です。

ご自分でできるように円皮鍼(えんぴしん)というシールタイプのものになります。

ペタッと貼れる手軽な鍼です。

もちろん1本1本しっかりと滅菌(菌がいない状態)済みで、鍼の老舗メーカー、セイリンさんの商品です。

こちらの商品を使ってご自宅で自分に鍼をするのは法に触れません。(鍼をするには免許が必要で、違反すると法で罰せられます)

破棄も可燃ごみとして捨てることができます。

 

どんなパック?

幹細胞フェイスパックは

美肌成分を肌の奥深くまで浸透させるnanoPDS技術

世界が注目している若返り成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

さらに間葉系幹細胞培養上清液

を融合させたフェイシャルマスク。

詳しく説明すると、

nanoPDS技術(ナノピーディーエス)

お肌は通常、超高性能バリアを張っています。

ほとんどの物質を通しません。

通ってしまったら血管を介して有害な物質がお肌から身体に侵入してしましますよね。

病気になったりしてしまします。

そのためのバリアなのですが、そのバリアをすり抜けられる技術です。

具体的には真皮層まで美容液が到達します。

NMN(ニコチンモノヌクレオチド)

若さに関わる「サーチュイン遺伝子」

このサーチュイン遺伝子を呼び覚ますスイッチ成分として注目されている有用成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)。

抗老化候補物質として期待され、注目されています。

若返り成分として注目されている物質を配合したフェイスパックです。

間葉系幹細胞培養上清液

現在、注目されている幹細胞液。

間葉系という皮膚になる幹細胞を培養する際に使用する培養液の上澄み配合。

その培養液には組織を構成するコラーゲンやヒアルロン酸やサイトカインなど多種多様なタンパク質等の成分が含まれていて、

従来の化粧品には無かった成分も多く含まれています。

これらの成分の組織再生等の働きはエイジングケアに欠かせない成分となっています。

 

様々な要因に影響されやすい大人の肌をしっとりと潤わせ、老化のスピードを穏やかにし、若々しい肌へと導きます。

この商品はドクター監修の商品です。

 

使い方

どちらも1週間に1回、鍼は20本程度を20分くらい、パックは15分くらい浸透させましょう。

鍼の使い方は当院のYouTubeにアップしてますのでご参考ください。

鍼の効果で血流が改善するのと、パックの幹細胞培養上清液、NMNを浸透させるNanoPDS技術で最強です!

4回分(約1ヶ月)となっていて、1万円で販売します。

数量限定ですので気になる方はぜひお買い求め下さい。